So-net無料ブログ作成

ウラジオストクぶらり旅④ 太平洋艦隊博物館 [ロシア]

ウラジオストク 2日目のその③ 11時です。

先の嘉納治五郎像を越えて、坂を上がっていくと、太平洋艦隊博物館に着きます。

vl4_1.jpg

中庭には、兵器が所狭しと並べられている。

vl4_2.jpg
日本でいう明治期から冷戦くらいまでの艦載兵器から、要塞に設置された砲、戦車、潜水艦と、乱雑に並べられてるように見えるが、一応テーマ別に並べてある。

vl4_3.jpg
まず時計まわりに、錨や艦載砲。
砲は古い順に置いてある。

あと、黒、グレー塗装は海軍(艦載兵器)で、緑は要塞装備、陸軍兵器だと思う。

vl4_4.jpg
艦載の対空機銃。

vl4_5.jpg
T-18軽戦車。別名MC-1
ルノーTF‐17軽戦車を参考に設計された、ロシアの初期の戦車。

vl4_6.jpg
中央は駆逐艦Voynovの砲。
1936年に対日の艦として太平洋艦隊所属になった艦船。
右は、12.7㎜対空機銃。

vl4_7.jpg
日露戦争でも使われた6インチ砲。

vl4_8.jpg
こちらも要塞砲。
2つとも日露戦争でも使われたもの。
製造は1877年くらい(説明板にはそう書いてあった)

vl4_9.jpg
vl4_21.jpg
建物の前に設置されてあった11人乗りの小型潜水艦。
てっきり第1次世界大戦くらいの潜水艦初期のものかとおもったが、1975~90年に運用されていたものらしい。
ちょっとびっくりだ。

vl4_10.jpg
vl4_11.jpg
潜水艦の横にあった、魚雷のような潜水艇。
説明板がないので、これが何なのかわからいが、潜水艇と思ったのは、操縦席のような計器類があったからだ。

では、博物館に入ってみる。
入場料は100ルーブル。
館内の写真撮影は20ルーブルと記載があったので、払おうとしたら、
「ノーマネー、ピクチャーOK」と言われた。
先の潜水艦博物館もそうだが、ウラジオはお金にズルくない印象を受けた。
非常に好印象で、ロシアに5回旅をしている友人は、ウラジオだけでなくロシアはどこもそうだよと言っていた。

vl4_12.jpg
vl4_13.jpg
vl4_14.jpg
日本とは幾度と戦争をしているので、日本軍刀の戦利品が多い。

vl4_15.jpg
対ドイツのコーナー。
太平洋艦隊博物館なので、ドイツ関連は少なく、これぐらいです。

vl4_22.jpg
vl4_16.jpg
近代より古い兵器の展示もあり。

vl4_17.jpg
vl4_18.jpg
バルチック艦隊を壊滅させた日本海海戦の説明コーナー。

vl4_19.jpg
vl4_20.jpg
比較的最近のもの。

最後に世界各国の海軍の友好の展示があったが、そもそもがレアな展示であったが、その国のラインナップが、アメリカ、日本、EU諸国から、中国、北朝鮮、東欧とこちらもレアであった。
残念ながら、これらの写真を撮っていなかった。

展示物が多いので、非常に見応えがあります。
太平洋艦隊は、戦前までは対日がメインなので、日本とのつながりが深いです。



ウラジオストクぶらり旅①
ウラジオストクぶらり旅② 日本にゆかりのあるスポット巡り
ウラジオストクぶらり旅③ 海を見ながらぶら散歩
タグ:ロシア
nice!(68)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 68

コメント 2

*ピカチュウ*

ガンビーさま
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します♪♪


by *ピカチュウ* (2019-01-02 21:01) 

ガンビー

>*ピカチュウ*さん

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いしますね
by ガンビー (2019-01-06 09:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。