So-net無料ブログ作成

高烏保塁砲台跡(広島県呉市) [戦争遺跡]

音戸の瀬戸を真下に望める高烏台には、明治時代に造られた高烏保塁砲台跡が残っている。日清戦争では広島に大本営が置かれ、呉は鎮守府、海軍工廠といった海軍の一大拠点となり、広島湾の防衛の為、各地に砲台、保塁が築かれた。
高烏保塁砲台もその1つで、音戸瀬戸に侵入する敵への防衛として築かれたものである。大正の要塞再編後は、防空砲台の要塞として使用され、呉軍港の防空にあたった。現在は公園として整備され、砲台跡を見ることができる。
takakarasu_1.JPG
案内版。
非常に簡易的で、いまいちわかり辛いので、補足しておく。
現存しているのは、明治期の砲台跡がほとんどで、保塁の遺構は見当たらない。昭和期の防空施設も、一部コンクリの礎石くらい。
takakarasu_2.JPG
花崗岩造りの兵舎跡。峠道に急にコレが出現するので、初めて来た人は疑問に思う物件だろう。
砲台要塞にある、付属建造物の1つ。
右奥に見えるコンクリは、水槽。
これも砲台には必要なもので、生活、消火、冷却水として使われた。
takakarasu_3.JPG
兵舎の中に入ってみる。古代遺跡のような佇まいである。
元はこの砲台にあった、花崗岩造りの火薬庫が、入船山記念館に移築されている。⇒入船山記念館
takakarasu_4.JPG
兵舎の横の階段を上がっていくと、平清盛像がある。清盛像は、観測所の上に建てられている。砲台の付近には観測所が設けられているので、砲台跡を探索の際はチェックしておきたい。
takakarasu_5.JPG
観測所下の部屋。おそらく待機所兼観測器具庫だろう。階段(右)は、コンクリで塞がれている。
takakarasu_6.JPG
清盛像。
音戸の瀬戸は、清盛が切り開いたとされる。
takakarasu_7.JPG
清盛像に一番近い砲座跡。ここに28cm榴弾砲が置かれていた。砲床は、形跡なし。周辺の壁の窪みは、弾置場といって、砲弾を置く場所。
takakarasu_8.JPG
砲座跡横に付設されている、砲側庫入口。
砲弾の倉庫で、地下か半地下に造られる。そのため、左右から階段で降りていく構造になっているのだが、斜面上に造られたせいか、階段がない。
入口の上の「応急弾薬庫」は、昭和期の防空砲台時代に書かれたもの。
takakarasu_9.JPG
takakarasu_10.JPG
(左)2番目の砲側庫。本体このように左右に階段がある。(右)砲座跡。
takakarasu_11.JPG
(左)3番目の砲側庫。(右)砲座跡。
takakarasu_12.JPG
遊歩道入口のコンクリ。
遊歩道の看板としては非常に不自然。もしかすると、砲台の遺構を利用したものかもしれない。
遊歩道を進むと探照灯を置いた跡(窪み)が残ってるらしいのだが、知らなかった為行きそびれた。この日は猛暑で、そんな中、山の麓からひたすら歩いて来たので、普段なら探索しまくるところだが、早々に切り上げてしまったのだ。途中の音戸ロッジで昼食をとった際、ビールを飲んだのが疲労アップさせてしまったようだ.....

2008.08.16再訪したので、追加レポート
takakarasu1.JPG
観測所エリアから、兵舎を見下ろす。古代遺跡のような、不思議な雰囲気を持っている。
takakarasu2.JPG
兵舎の横にある水槽。
takakarasu3.JPG
水槽の一段下にある便所跡。
takakarasu4.JPG
遊歩道を進んですぐの砲側庫。一番左の砲座の外郭にあたる。
手前のエリアは、地区砲兵指令所があった。
遊歩道を進んでいくと、広場にでる。
takakarasu5.JPG
広場の中心に円形の窪みがある。戦時中は探照灯が設置されていたとのこと。
非常に暑い日であったが、ここは心地よい海風が吹いており、暑さを感じないところであった。

初稿 2008.03.21
改訂 2008.08.26

nice!(5) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。