So-net無料ブログ作成

旧呉鎮守府長官官舎(広島県呉市) [戦争遺跡]

広島駅より約30分で呉に着く。
戦前の呉は海軍の鎮守府が置かれ、海軍の町そして軍都として発展していった。
戦艦大和が建造されたのは呉の海軍工廠で、それを記念して呉大和ミュージアムが2006年にオープンし、賑わいを見せている。これまで観光事業をことごとく失敗しまくってきた呉市にとって、予想を上回る大和ミュージアムの盛り上がりはうれしいことだろう。
大和ミュージアムに行くついでに、呉に残る軍都面影を探索してみた。

最初に向ったのが、呉市入船山記念館。
kure1.JPG
入船山記念館の地は、元は呉鎮守府司令長官の官舎であったところである。官舎は、昭和20年の3度の空襲から免れ、現存している。
写真の門柱は大正3年の建立。
kure2.JPG
門を入ってすぐ左側にある、東郷邸。
東郷平八郎が呉に在任中に住んでいた屋敷の離れ座敷を、こちらに移築したもの。
現在は休息場として利用されている。
kure3.JPG
旧呉海軍工廠塔時計。
大正10年に海軍工廠造機部の屋上に設置されていたもので、昭和46年に記念館内に移設された。
昭和56年に現在の位置に復元し、今も時を刻んでいる。
kure4.JPG
番兵塔。
長官官舎の入口に建っていたもの。
民俗資料館の裏にも屋根の形状こそは違うが、同タイプのモノがあった。
kure16.JPG
kure5.JPG
往来安全石燈籠。
明治17年に旧街道に建てられた常夜燈。
4基あったうちの一つが移築された。
kure6.JPG
昭和42年に高烏砲台跡から移築された、花崗岩造りの火薬庫。
現在は展示資料館として利用されている。
要塞の遺構は安全の問題から、内部をコンクリで埋めたり、立ち入り禁止にしてるケースがほとんどだが、このように遺構を修築して、何かに利用するのは賛成である。ただ、できれば移築ではなく、現地でやってほしい。
kure7.JPG
館内に設置されている2本の砲身。
説明が全く無い為、何に搭載されていたものなのかわからない。
kure8.JPG
旧呉鎮守府司令長官官舎。前部は洋館造で後部は和式造というハイブリッド建築。
司令長官の官舎としてはちょっと小振りで、威張った感じのない、非常に味のある建築だ。 kure9.JPG
屋根瓦が、天然ストレートの魚鱗葺きというのが海軍らしい。
kure10.JPG
正面ドアのすりガラスには海軍のトレードマークである、桜と錨のマークが入っている。
官舎は戦後の10年間、占領軍の司令官官舎として使われた。
kure15.JPG
後側の和式造。
洋館が接客場で、和式が生活の場となっている。
kure11.JPG
民俗資料館に脇に細い階段があったので降りてみると...レンガ造りの倉庫が現れた。
いつ作られたものかは不明だが、戦前からあったものだろう。昔はここが資料館として使われたことがあるらしい。
向いにあるコンクリの建造物は、防空壕の入口。
kure12.JPG
防空壕入口は階段脇にもあり、中で繋がっていたらしいが、現在はコンクリで埋められている。
kure13.JPG
官舎の前庭の隅にある、水蓄式油槽鉄蓋。
説明板↓
kure14.JPG
長官官舎だけでも見ごたえ十分だが、館内を歩きまくって、いろいろ発見してみよう。

nice!(6) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。