So-net無料ブログ作成
検索選択
風林火山へGO!! ブログトップ

風林火山の旅~信州~高遠編 [風林火山へGO!!]

風林火山の旅~信州~高遠編

大河ドラマの影響で、武田家史跡巡りをしまくった2007年。
甲斐地方は結構回ったので、もうちょっと遠くへ行ってみようってことで、高遠にぶらり旅した。

高遠は、諏訪家の分家筋である高遠家が治めていたが、信玄に攻略されてからは、
重要拠点と位置付け、武田一族が配されることになる土地である。
山本勘助が縄張りし、改修されたと伝わる高遠城をはじめ、武田家関連寺社が幾つもあり、
絵島生島事件の絵島が預けられたのが高遠藩の為、絵島関連の史跡もあり、見所が多い。

本来なら、屈指の桜の名所である高遠城へは4月に行くのがベストだが、
季節も関係なしの9月に行ったのだった........
いつものように.....
そうだ!信州へ行こう!風林火山へGO!!!!!!!!!
『走れ!アルファ!跳べ!ロメオ!』

kenpukuji1.JPG

■信州 高遠編
建福寺 諏訪夫人・保科家の菩提寺。山門前の石仏群は圧巻!
満光寺 武田繁信が植えたと伝わる松がある寺。高遠藩主内藤家の菩提寺。
蓮華寺 大奥のスキャンダル事件、絵島の菩提寺。
高遠城 山本勘助が改修したと伝わる城。ここが落とされ、織田軍が甲斐になだれ込んだ。

以降、未執筆
□進徳館 高遠藩藩校。
□絵島囲み屋敷 絵島が幽閉されていた屋敷(復元)。忍び返しの塀が印象的。
□桂泉院 武田信虎の菩提寺。勘助が高遠城を改築する際、この地より城を眺めて縄張りしたと伝わる。

昼は、古民家を利用して営業している「そば処. 七面亭」で食事。
ナビで探したのだが、これが正解だった。うまいよ。
最後に、「高遠温泉さくらの湯」に寄って、まったりモード。
伊那で晩飯を食べたかったのだが、日曜だからなのか、ほとんどの店が閉まっており、
諏訪SAまで行ってそこで飯食った。
ご当地グルメ食べるのが、ガンビーぶらり旅の醍醐味なので、ちょっと残念だった。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

吉野邸/山本勘助誕生地(静岡県富士宮市) [風林火山へGO!!]

代信寺から同じ山本地区にある、勘助の生家とされる吉野邸へ向う。
しかし持っていた資料には、番地まで記載されていなかったので、代信寺で頂いた富士宮の勘助所縁の地マップを見ながら向った。
yoshinotei1.JPG
吉野邸の門前。
吉野家は、清和源氏の源満政を祖とし、南北朝時代にこの地に移ったという。吉野家2代の貞久の孫が山本勘助だという。勘助は貞幸(貞久の子)の三男。長男は本家の養子となり、吉野家4代目を継いでいる。
門は、立派な長屋門。
yoshinotei2.JPG
吉野家は、江戸時代には陣屋代官をしていたとのこと。
母屋は昭和36年にもらい火で全焼した為、この長屋門のみが代官時代の遺構となる。
yoshinotei3.JPG
長屋門の前の広場の山側には、「山本勘助誕生碑」という石碑が立っている。
大正13年に、地元青年団によって建てられたもの。
裏側には、勘助の出生から川中島での戦死までの生涯が記載されている。
yoshinotei4.JPG
脇の通路門を入ると、勘助に関する様々な資料が展示されている。手づくりものでほのぼのしているが、見ごたえ充分である。勘助に対するリスペクトと誇りを非常に感じて、いい雰囲気だ。
yoshinotei5.JPG
吉野邸から100mくらい勘助坂方面に進むと、勘助の母と言われている安女の墓がある。
勘助はいまだ謎の多い人物である。甲陽軍艦以前の資料が乏しいからであるが、どこからか一級の文書なり出てくることを願うものだ。
個人的には実在したと考えているが、よく言われるような軍師ではなく、足軽大将の1人にすぎなかったと思っている。

タグ:風林火山
nice!(3) 
共通テーマ:旅行

風林火山の旅~スピンオフ編~富士宮市 [風林火山へGO!!]

2007年より風林火山の旅と称し、山梨を中心に、長野新潟を旅した。
静岡の富士宮市は、山本勘助の誕生の地という説があり、勘助所縁の場所が幾つかあるので、
GWも中日に、風林火山の旅としては初の静岡へ行くことにした。

とは言え...勘助関連だけだと、ちょっと回る物件が少ないので、ちょっと付け加えたので、
風林火山の旅とは言いがたいかもしれないが、風林火山の旅シリーズにさせていただく。

いつものように.....
そうだ!甲斐へ行こう!....ではなく、駿河へ行こう!スピンオフ?編
勘助から戦車まで、まるっとGO!!!!!!!!!!!
『走れ!アルファ!跳べ!ロメオ!』

97sensya1.JPG

GWの中盤であったこの日、東名は川崎から渋滞富士山の麓で渋滞、浅間大社周辺は祭りで渋滞、
帰りの東名は御殿場からビタ止まり....ここまで渋滞の嵐は久ぶりだ。

そうだ!駿河へ行こう!スピンオフ?編
医王寺(山本勘助と勘助の祖父の墓がある寺)
代信寺(勘助の祖父あるいは両親と伝わる木像がある寺)
吉野邸(勘助誕生の地とされる家)
富士山本宮浅間大社(浅間神社の総本宮)
若獅子神社(サイパンから帰還した97式中戦車がある神社)
北山本門寺(日蓮宗の大本山)
大石寺(日蓮宗宗の総本山。何もかもデカいよ)

勘助関連は、『風林火山をゆく』を参考にした。
タグ:風林火山
nice!(3) 
共通テーマ:旅行

風林火山の旅~スピンオフ編~郡内エリア [風林火山へGO!!]

2007年は個人的に甲斐ブームで、風林火山の旅と称して、エリア別に山梨県をぶらりしていた。
ただ勝沼周辺エリアは、広い範囲で回ってしまった為、大善寺や景徳院といったメジャー物件に行けずじまいになっていたので、風林火山の旅スピンオフ企画として行くことにした。中央道で一気に勝沼まで行ってもよかったのだが、行ってみたい物件が途中にあったので、上野原ICで降りて、一般道で大月を経由して勝沼へ向ったのだった.....

そうだ!甲斐へ行こう!スピンオフ編!
武田から新撰組まで、まるっとGO!!!
いつもの・・・『走れ!アルファ!跳べ!ロメオ!』

ishidateo1.JPG

この日は朝から霧雨が降っており、GW過ぎにもかかわらず、非常に寒い日だったが、ロンT1枚で出かけてしまい、エライ目にあってしまった。寒かったっす....

今回は、下記の文献を参考にブランした。
郡内エリアの武田家史跡巡りは、「武田信玄を歩く」(秋山 敬著)
前半の神社は、「しらべる戦争遺跡の事典」

そうだ!甲斐へ行こう!スピンオフ編!
軍刀利神社(信玄、小山田氏の信仰が厚かった軍神の神社)
石楯尾神社(山門ファン必見の奇門)
牛倉神社(楠木正成の銅像が移設)
猿橋(日本3大奇橋)
八ツ沢発電所第1号水路橋(変電所関連施設で初重文)
アッツ観音(アッツ島の戦没者の供養の観音様)
景徳院(武田勝頼の最期の地であり、菩提寺)
栖雲寺(武田家10代目武田信満開基の寺)
大善寺(国宝の薬師堂を持つ名刹)
柏尾古戦場(近藤勇最後の戦い)
旧田中銀行(小さな擬洋風館)
nice!(4) 
共通テーマ:旅行

武田信義館跡(山梨県韮崎市) [風林火山へGO!!]

願成寺から、近くの武田信義館跡を目指す.....のだが、中々見当たらない。
簡易的な地図でナビっていたので、道を1本間違えて進入してしまったのが原因だった。
nobuyashi1.JPG
細い坂道を上かって行くと、館跡の看板が見えてきたが、
車を止める場所がないっ....
看板より少し坂を上がったところにあった、明らかに私有地らしき空き地にコソッと停めさせてもらい、即効で館跡を目指す。
nobuyashi2.JPG
ん?
ちょっと嫌な予感がするぞ。
nobuyashi3.JPG
5m四方のエリアに碑と説明板があるだけ。
・・・・・・館の礎石や土塁なんかがあると思ってたので、微妙な感じです。

2008年の4月にここから50m離れたところから、信義時代の青磁や白磁の陶器等が出土したらしい。
これまで文献や伝承を元に館跡とされていたが、場所の特定ができる可能性が高まったとのこと。今後の調査結果を追っていきたい。

nice!(2) 
共通テーマ:旅行

風林火山館(山梨県北杜市) [風林火山へGO!!]

三分一湧水から車で10分弱、道なりに北上して行くと、山麓の草原の中にポツンと風林火山館が現れる。
furinkazan1.JPG
躑躅ヶ崎館を復元したもので、大河ドラマのロケ地としても使われてたところである。
訪問時はまだ大河ドラマは放映中で、観光の大型バスが次々と乗り入れてきて、広い駐車場も満車だったが、運良く待ち無しで停めることができた。
furinkazan2.JPG
隅櫓から大手門方向をみたところ。館の大手門側の東曲輪を復元している。
躑躅ヶ崎館は、大手門より南側は水堀で、北側は空堀なのだが、それも忠実に再現されていた。
furinkazan3.JPG
大手門の向いにある冠木門とその周辺の長屋。長屋は土産屋さんになっており、城下町というより、門前町のようになっていた。
こういうところでは、ついついアイスを買ってしまう。もち巨峰味のアイス買ったよ。
furinkazan4.JPG
薬医門の大手門。両脇には物見櫓を付属させて、威圧感を出しまくっている。
堀の土塁には一部石垣が使われている。一見中途半端な感じだが、これも威圧感を出すだめの演出と考えられる。
furinkazan5.JPG
主殿。信玄との接見場所兼政務を執ったところ。
furinkazan6.JPG
主殿の右側にある唐門。門の向こうには長屋が建てられているが、本来は毘沙門堂と不動堂があったとされる。要は、宗教的なエリアだったところである。
furinkazan7.JPG
曲輪内には、番所X2、厩、的場が設置されていた。
furinkazan8.JPG
物見櫓を下から見上げる。登りて~
訪問当時はまだ撮影途中ということもあって、櫓に登れなかったり、主殿に上がれなかったが、今ではどうなっているのだろう?
期間限定モノなのかどうかわからないが、少しづつでも拡張してはどうだろう?
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

三分一湧水(山梨県北杜市) [風林火山へGO!!]

高根クラインガルデンよりJR小海線の甲斐小泉駅へ目指す。
その付近にある三分一湧水が目的である。
hokuto1.JPG
武田信玄が考案したと伝わる分水場。と....伝わっているものの、十中八九、信玄とは無関係だろう。
治水に力を入れた信玄だから、ここもそうしようということではないかと思われるが、
『信じるか信じないかは、アナタ次第!』ってことで。
方形エリアに三角形の石を置いただけという、分水の装置としては非常にシンプルな構成だ。
はっきり言って、均等に分水できているかは疑問なところである。現代社会においては水争いは無縁であるが、昭和初期(戦前)くらいまでは、農村地帯では分水は死活問題で、至る所で泥臭い争いが起ってたのである。
3bu1wakimizu1.JPG
湧き出てるところと、その上にあった祠。
今でも8500㌧/1日もの水量があり、水も日本名水百選に選ばれている。
3bu1wakimizu2.JPG
下流側から見てみる。水は非常に冷たい。気持ちいいぞ。
3bu1wakimizu3.JPG
水路の壁の石からも湧き出ている。水は3方向へ流れていく。

周りの緑と透き通った水が織り成す癒しの空間が心地いい。
この後、向いにある「そば処三分一」で昼食をとった。やっぱ名水処の蕎麦は裏切らない。
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

山本勘助屋敷墓(山梨県北杜市) [風林火山へGO!!]

須玉ICからR141を北上し、高根クラインガルデンに向って行くと、夕焼け橋と呼ばれる木製の太鼓橋を越えたあたりに、山本勘助の子孫と伝わる個人宅がある。
kansuke3.JPG
この個人宅には、敷地内に伝山本勘助の墓があり、平成18年からは一般公開するようになったとのことで、先に連絡を取って伺った。
kansuke2.JPG
参考にした本「風林火山をゆく」では、個人宅なので駐車場が狭いと書かれていたので気になっていたが、畑を駐車場にしたらしく、ウッドチップを敷き詰めた結構広い駐車場があった。
思った以上に観光地化してるようだが、あくまで個人宅内なので、連絡を取ってから伺ったほうがいいかも。
kansuke1.JPG
おばあさんに仏壇と山本勘助の位牌を見せていただき、その後、山本勘助の墓がある裏庭に案内していただいた。
裏庭はL字型に遊歩道が整備されており、L字の内側に墓をはじめとする石塔や石仏が置かれていた。
庭に入ってすぐに、石の祠と杉の神木。
kansuke4.JPG
神木を挟んで、伝山本勘助の墓。宝篋印塔、無縫塔、五輪塔といった石塔が並ぶ。
ロープが張られているので近づけないが、無縫塔には山本勘助の戒名が刻まれているという。
kansuke5.JPG
L字の参道を進む。この参道は最近整備れたようだ。
L字の行き当たったところから屋敷方向を見る。祠や宝篋印塔といった石塔が集められていた。
戦国期の豪族は屋敷内に墓をつくる風習があった。実家の田舎の家の裏山斜面にも、小さな五輪塔群があり、親父の説明では、戦国期頃のものだと伝わっていると聞いたことがある。
kansuke6.JPG
こちらには立派な蔵が2つもある。
写真のものは明治初期の築。もう一つの方は一見新しいそうだったのだが、江戸末期のものらしい。最近修築したとのこと。
kansuke7.JPG
駐車場と屋敷の中間にあった祠。
天神祠と呼ばれており、屋敷神。ここは屋敷の土塁跡と言われており、戦国の武将の屋敷の名残だろうか。
山本勘助自信が実在しなかったという説もあり、これまでは公にしてこなかったらしいが、最近の調査で実在したことが判明しつつあるとのことで、公開するようになったという。武田二十四将でも人気度抜群な勘助だけに、より確実な資料の発見があるとうれしい。
kansuke8.JPG
透き通った冷たい山水が勢い良く流れていた。こういったところの蕎麦はうまい。
実際、この日の昼は蕎麦を食ったのだった....

nice!(2) 
共通テーマ:旅行

風林火山の旅~林の章~北杜編 [風林火山へGO!!]

武田信玄所縁の場所巡りとして、友人と甲府市を旅したが、思いのほか好評だったので、シリーズ化することとなった。
今回は風林火山 林の章として、山梨県の県北である北杜市を中心にプランニングしてみた。
酒の場での勧誘の甲斐もあってか、メンバーも4人となり、北杜市へ向ったのであった.....
風林火山へGO!!!!!!!!! そうだ!甲斐へ行こう!
hokuto1.JPG
ちなみに北杜は「ほくと」と読み、なんか強そうな響きである。
「ほぁたっ!!あたたたたたたたたたたっ!」..........と調子に乗る輩が飲みの場に1人は必ずいる。
間違いなくその一人が、オレだろう(ゲラゲラ)

■林の章~北杜市編
正覚寺(甲斐源氏の祖、源義光の菩提寺)
山本勘助屋敷墓(山本勘助の子孫宅に残る屋敷墓)
鎧堂観音(義光が念持仏と甲冑を納めた寺)
三分一湧水(信玄が考案したと伝わる分水場)
風林火山館NHK大河ドラマ風林火山の躑躅ヶ崎館セット
新府城(武田家最後の城)
武田八幡神社(信玄が守護になって初めて手がけた神社)
願成寺(武田家の祖、信義が中興開祖の寺)
武田信義館跡(信義館跡...ちょっと寂しい....)

武田信義館跡を見た後は、そこから近くの「武田乃郷白山温泉」に行き、今日の疲れを癒す。
晩飯は韮崎でと思っていたが、携帯で探すも、いい店が見つからず、結局甲府駅前の小作でほうとうを食べた。
ほうとうは、お腹いっぱいなるわ。

風林火山の旅~風の章~甲府編

nice!(2) 
共通テーマ:旅行

風林火山の旅~風の章~甲府編 [風林火山へGO!!]

5月の中旬に、大学時代の友人と、風林火山の旅と題し武田信玄所縁の物件周りを企画した。
思えば、神奈川に住んでいると、山梨県って遠出するには近く、ちょっと出かけるには遠く、なかなか行く機会がなかったのだ。
大河ドラマもやってることだし、これをキッカケと考え、まずは信玄のお膝元である甲府市へ向かったのであった....
普段通り、「走れ!アルファ!跳べ!ロメオ!」と言いたいところだが、今回は友人のセリカに乗せてもらったので、
「走れ!セリカ!跳べ!セリカ」でGo!

今回の旅は、風の章となり、以降林火山の章と続くことになる。
■風の章
甲府城跡
長禅寺(甲府五山)
能成寺(甲府五山)
東光寺(甲府五山)
甲斐善光寺
円光院(甲府五山)
信玄墓所
河尻塚
武田神社躑躅ヶ崎館跡
法泉寺(甲府五山)
積翠寺
風林火山をゆく
風林火山をゆく

信玄所縁の旅は、この本を参照した。
エリア別にまとめられており、プランが立てやすいのでオススメである。


nice!(1) 
共通テーマ:旅行
風林火山へGO!! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。