So-net無料ブログ作成

山本勘助屋敷墓(山梨県北杜市) [風林火山へGO!!]

須玉ICからR141を北上し、高根クラインガルデンに向って行くと、夕焼け橋と呼ばれる木製の太鼓橋を越えたあたりに、山本勘助の子孫と伝わる個人宅がある。
kansuke3.JPG
この個人宅には、敷地内に伝山本勘助の墓があり、平成18年からは一般公開するようになったとのことで、先に連絡を取って伺った。
kansuke2.JPG
参考にした本「風林火山をゆく」では、個人宅なので駐車場が狭いと書かれていたので気になっていたが、畑を駐車場にしたらしく、ウッドチップを敷き詰めた結構広い駐車場があった。
思った以上に観光地化してるようだが、あくまで個人宅内なので、連絡を取ってから伺ったほうがいいかも。
kansuke1.JPG
おばあさんに仏壇と山本勘助の位牌を見せていただき、その後、山本勘助の墓がある裏庭に案内していただいた。
裏庭はL字型に遊歩道が整備されており、L字の内側に墓をはじめとする石塔や石仏が置かれていた。
庭に入ってすぐに、石の祠と杉の神木。
kansuke4.JPG
神木を挟んで、伝山本勘助の墓。宝篋印塔、無縫塔、五輪塔といった石塔が並ぶ。
ロープが張られているので近づけないが、無縫塔には山本勘助の戒名が刻まれているという。
kansuke5.JPG
L字の参道を進む。この参道は最近整備れたようだ。
L字の行き当たったところから屋敷方向を見る。祠や宝篋印塔といった石塔が集められていた。
戦国期の豪族は屋敷内に墓をつくる風習があった。実家の田舎の家の裏山斜面にも、小さな五輪塔群があり、親父の説明では、戦国期頃のものだと伝わっていると聞いたことがある。
kansuke6.JPG
こちらには立派な蔵が2つもある。
写真のものは明治初期の築。もう一つの方は一見新しいそうだったのだが、江戸末期のものらしい。最近修築したとのこと。
kansuke7.JPG
駐車場と屋敷の中間にあった祠。
天神祠と呼ばれており、屋敷神。ここは屋敷の土塁跡と言われており、戦国の武将の屋敷の名残だろうか。
山本勘助自信が実在しなかったという説もあり、これまでは公にしてこなかったらしいが、最近の調査で実在したことが判明しつつあるとのことで、公開するようになったという。武田二十四将でも人気度抜群な勘助だけに、より確実な資料の発見があるとうれしい。
kansuke8.JPG
透き通った冷たい山水が勢い良く流れていた。こういったところの蕎麦はうまい。
実際、この日の昼は蕎麦を食ったのだった....

nice!(2) 
共通テーマ:旅行

風林火山の旅~林の章~北杜編 [風林火山へGO!!]

武田信玄所縁の場所巡りとして、友人と甲府市を旅したが、思いのほか好評だったので、シリーズ化することとなった。
今回は風林火山 林の章として、山梨県の県北である北杜市を中心にプランニングしてみた。
酒の場での勧誘の甲斐もあってか、メンバーも4人となり、北杜市へ向ったのであった.....
風林火山へGO!!!!!!!!! そうだ!甲斐へ行こう!
hokuto1.JPG
ちなみに北杜は「ほくと」と読み、なんか強そうな響きである。
「ほぁたっ!!あたたたたたたたたたたっ!」..........と調子に乗る輩が飲みの場に1人は必ずいる。
間違いなくその一人が、オレだろう(ゲラゲラ)

■林の章~北杜市編
正覚寺(甲斐源氏の祖、源義光の菩提寺)
山本勘助屋敷墓(山本勘助の子孫宅に残る屋敷墓)
鎧堂観音(義光が念持仏と甲冑を納めた寺)
三分一湧水(信玄が考案したと伝わる分水場)
風林火山館(NHK大河ドラマ風林火山の躑躅ヶ崎館セット)
新府城(武田家最後の城)
武田八幡神社(信玄が守護になって初めて手がけた神社)
願成寺(武田家の祖、信義が中興開祖の寺)
武田信義館跡(信義館跡...ちょっと寂しい....)

武田信義館跡を見た後は、そこから近くの「武田乃郷白山温泉」に行き、今日の疲れを癒す。
晩飯は韮崎でと思っていたが、携帯で探すも、いい店が見つからず、結局甲府駅前の小作でほうとうを食べた。
ほうとうは、お腹いっぱいなるわ。

風林火山の旅~風の章~甲府編

nice!(2) 
共通テーマ:旅行

ガンダムEXPO東京2007 [その他]

昨年の盆の頃、池袋サンシャインでガンダムEXPO東京2007があったので友人と行ってきた。この日は、武蔵小杉で開催されていた「安彦良和」展にも行き、Wヘッダーを強行したが、暑いにも度が過ぎる程の夏で、昇天寸前であった。しかし、その後映画見て、夜は飲みに行った自分のタフネスっぷりに、あらためて関心してみた。
G_EXPO1.JPG
サンシャインンは結構久ぶり。
入場は無料ということと、夏休み真っ最中の為、非常に賑わっていた。
G_EXPO2.JPG
入場ゲートから入ってすぐに設置してあった2mくらいのガンダム&ジオング。
G_EXPO3.JPG
先のガンダムの斜め向いには、Zガンダム&百式が設置。これも2mくらい。Zの顔がボテッとしてて、ちょっとバランスが悪い。Zはシャープな顔が命だ。
G_EXPO4.JPG百式のプロポーションはいい。ただ、色はもうちょっとゴールドして欲しかったですかね。コストは多少張りますが、塗装ではなく、金色メッキだとカッコいいよ。
ストライクフリーダム。歴代ガンダムの中でも、カッコよさはトップクラスだ。
G_EXPO5.JPG
正面とサイドから。
G_EXPO6.JPG
サイド7の模型。
G_EXPO7.JPG
1/1ザクヘッド。
でけ~と関心して見てると......










G_EXPO8.JPG










モノアイでギョロっと睨まれて、ちとビビる
G_EXPO9.JPG
1/1ザクヘッドの横パネルには、ザクは象9頭分の重さだとか、走行スピードは犬より速いがチーターより遅いといった、ザクに関するどうでもいいウンチクが記載されていた。どうでもいいネタでも、いつか酒のつまみにはなるだろう。
G_EXPO10.JPG
ガンダムグッズも多く展示されていた。
気になったモノを幾つかピックアップしてみる。

まずはオール木工のガンダム。
製作者は、仏師の工房らしい。
G_EXPO11.JPG
ブロック(レゴ風)ガンダム。
思ったより、様になっている。
G_EXPO12.JPG
プラチナガンダム。
展示スペースの奥でクルクル回っていて、写真を取りづらい。顔が良く見えないが、パネルを見る限りでは、結構な出来栄えのようだ。
G_EXPO13.JPG
G_EXPO14.JPG
コントのようなポージングの1/10ガンダムとシャアザク。
G_EXPO15.JPG
ツダとビグ・ランクのスクラッチビルド。
MS IGLOO(オールCGの作品。漫画もあり)に登場のMSとMA。
先に発売されたPSP「ギレンの野望アクシズの脅威」では早速開発できたが、使いモノにならなかった(w
G_EXPO16.JPG
オレを狙うなよっ!

ジムスナイパーのジオラマ。
ガンダム00の放映前だったので、00の作品紹介のスペースが設けてあった。
プロモが定期的に流れていたが、あまり盛り上がっていなかった気がする。思い入れがまだ無かったからだろう。
■ガンダム関連記事⇒『道の駅久米の里』 Zガンダム

タグ:ガンダム
nice!(3) 
共通テーマ:キャラクター

聖天宮(埼玉県坂戸市) [寺/神社]

埼玉県坂戸市を車で走っていると、ひときわ異彩を放つ建物が忽然と現れる。
聖天宮である。本格的な道教の宮で、日本で言うところの神社に近いかもしれない。
この聖天宮は、台湾のある方が病気を患った時、神に祈ったら完治し、その後坂戸に宮を建てるようお告げがあったとかで、建てられたという。
seitengu1.JPG
にしても....お告げがあったといっても、ちょっとやそっとの金持ちではこれは造れないっしょ。
道教の宮については、案内スタッフが色々教えてくれる。非常にフレンドリーで、こちらが多々訪ねても、快く対応して頂いた。
seitengu2.JPG
宮の入口となる天門。
.....何ですか、この細かさは....
屋根の細工や装飾はすべて硝子細工。
日本では見ることのない技法である。
屋根の上の細工や装飾は天界を現しているという。よって、人形はすべて道教の神ということになる。
seitengu3.JPG
あっ.....修築中だ...残念っ!
聞けば、竣工以来の初のメンテナンスとのことで、約半年は掛かるとのこと。3週間前に始まったばかりで、やっと足場ができたところ。帰る際、硝子細工の取れた部品や破片を見せて頂いたが、メンテナンスに半年掛かるのも、頷ける気がした。

建物の正面が前殿。右が鐘楼で左が太鼓楼。
毎日午後3時に両方が鳴り響くのだが、訪れたのが3時前だったので、急に鳴り出してビビッたよ(w
seitengu4.JPG
前殿の前にある龍柱。
1つの大理石を透かし彫りしたもの。この宮の彫刻はほとんど全てが透かし彫りで、非常に高度な技術と金が掛かっている。
seitengu5.JPG
前殿の扉には門神という神様が祭られている。寺での仁王様、神社での随身様と言ったところでしょうか。
道教の神様は、すべて雲の上に乗っているので、それを意識して見るのもいいかもしれない。
seitengu6.JPG
天井を見上げる。すげ~....
この装飾は、森羅万象を現しているとのこと。
seitengu7.JPG
本殿。道教の最高神三清道祖と南斗星君、北斗星君、四天王の像が祭られていた。
中国では、神を祭る建造物を「宮」または「廟」と呼ぶ。そして、屋根は天界を現す黄色が多い。黄色の屋根が使えるのは、宮や廟以外では、皇帝の施設のみである。
seitengu8.JPG
色鮮やかな回廊。
至るところに龍が描かれている。龍以外には、鳳凰や麒麟もいる。
seitengu10.JPG
本殿前の透かし彫りの九龍。
九龍は、道教の最高神三清道祖の威令を表している。
seitengu11.JPG
「は~いっ!」聖天宮です~
聖天宮の彫刻や細工、その他建築部材はすべて台湾で製作し、その後日本で宮を建てたという。日本には台湾の宮大工を呼んで15年かけて建てたという、気の遠くなるような作業工程と金が掛かっていることに驚かされる。
seitengu9.JPG
本殿の柱で龍鳳柱。もちろんすべて透かし彫り。
seitengu12.JPG
本殿や前殿の外にある、寿金亭。
祭事に奉げ神紙を燃やす炉である。
スタッフの方の話では、台湾でもここまでの廟はないという。
台湾に行ったことが無いのでなんともいえないが、この極限までに細かい仕事っぷりを見ると説得力はある。
でも、なぜお告げが日本だったのだろうっていう疑問と、これだけの廟を個人で造れる財力には感服しまくりです。
道教の神々 (講談社学術文庫 (1239))
道教の神々 (講談社学術文庫)
窪 徳忠

関連商品
道教百話 (講談社学術文庫)
道教の世界
道教の神々と祭り (あじあブックス)
図説中国の神々―道教神と仙人の大図鑑
中国人の宗教・道教とは何か (PHP新書)
by G-Tools

nice!(2) 
共通テーマ:旅行

正法寺(埼玉県東松山市) [寺/神社]

安楽寺から車で20分程度のところに坂東三十三巡礼10番札所の正法寺がある。
昨年ナビを付けてからは、ナビに頼りっぱなしで、なんとなく着いてしまった感じだ。
顕著な差は、方向というか位置感覚が鈍ってしまったことだろう。ま~それ以上に、知らぬ地でも余裕も持って運転できるようになったのは大きいですが。
syoubouji1.JPG
石畳の長い参道をしばらく進み、駐車場に車を停める。その駐車場のすぐ脇にある仁王門。
仁王門の仁王像周辺にはガラスがはめられている。どうもガラスというのは、無粋な感じがしてならない。
syoubouji2.JPG
仁王像は、最近造られたものだろう。
全体的に丸みを帯びていて、かわいい顔立ちである。
syoubouji3.JPG
草葺屋根が印象的な鐘楼。
銅鐘は1322年に鋳造され、鐘楼は1702年に再建されたもの。草葺屋根の鐘楼は初めて見るかもしれない。
syoubouji4.JPG
地蔵堂。
中には小さな地蔵様が沢山安置されていた。
syoubouji5.JPG
本堂前の狛犬。どことなくユーモラスな表情で愛着を感じる。
syoubouji6.JPG
別の角度での阿の狛犬。
syoubouji7.JPG
本堂。明治10年の火災で焼失し、現在の堂は明治12年に高麗村より移築したもの。
古くても江戸中期頃の建築だろう。
syoubouji8.JPG
本堂の小壁部の彫刻。
木鼻の狛犬の目が、またもアブカラー。ただ、安楽寺より虫っぽくない。
syoubouji9.JPG
尾垂木の最上部が竜になっている。
坂上田村麻呂が奥州征伐で立ち寄った際、村に害を加える龍退治にちなんでのことだろうか。
syoubouji10.JPG
びん頭盧尊。十八羅漢の一人。
syoubouji12.JPG
絵馬堂。養蚕が盛んであった、昭和初期に奉納された額。
syoubouji11.JPG
本堂前にある宝篋印塔。
境内社と石灯篭。
灯篭は、正徳二年に信州松本城主から寄進されたもの。
syoubouji14.JPG
syoubouji13.JPG
syoubouji15.JPG
岩壁に安置されている石仏。結構インパクトがあり、必見。
ただ、各堂の裏手にあるので、あまり境内を散策しない、本堂と山門の往復しかしない人は、スルーしてしまう。勿体無い限りだ。
syoubouji16.JPG
比較新しいそうな銅製の子安地蔵。
syoubouji17.JPG
帰り際に、鐘楼を再度撮影。
人気ある巡礼の霊場とは言え、結構人が多いのは正直驚いた。桜が満開だったので、巡礼以外にも、花見目当ての方も多かったのかもしれない。年配からファミリーと年齢の幅も広く、喧騒さはないが賑やかな寺であった。

nice!(3) 
共通テーマ:旅行

安楽寺/吉見観音(埼玉県比企郡) [寺/神社]

吉見百穴より車で5分程度のところに坂東三十三所観音巡礼、第11番の安楽寺(吉見観音)がある。
yoshimikannon1.JPG
スリっと伸びた参道。撮影時には人がほとんど写っていないが、人気の巡礼だけあって、人の流れは絶えなかった。帰りに際には年配の団体が寺へ向っていた。
yoshimikannon2.JPG
参道に立つ、石像の仁王像。阿形の男爵ヒゲがGooである。
yoshimikannon3.JPG
元禄期に作られた仁王門。
左右妻部の蟇股に、邪鬼が彫られている。
yoshimikannon4.JPG
yoshimikannon5.JPG
1791年鋳造の阿弥陀如来像。吉見大仏と呼ばれている仏像である。
yoshimikannon6.JPG
仁王門右脇の六地蔵の堂。
yoshimikannon7.JPG
薬師堂。
yoshimikannon8.JPG
忠霊堂。
yoshimikannon9.JPG
1661年に作られた観音堂。
yoshimikannon10.JPG
とにかく千社札だらけである。
朱の海老虹梁が印象的。花の彫刻部を手挟(たばさみ)と言うが、個人的に手挟の過剰な彫刻が苦手である。
yoshimikannon11.JPG
寛永年間に再建された三重塔。
鎌倉時代に源範頼のより50m近い三重塔を建立されていたらしいが、戦国期の戦により焼失。
現在の塔は24mで当初のものより小さいが、和様の素朴な塔である。
yoshimikannon12.JPG
太子堂。
中を覗いたが、暗くてよく見えなかった。
太子堂は聖徳太子を祀った堂で、仏教を広め、寺院建立により土木事業を促進したということで、大工をはじめとする物づくりをする人の信仰を集めた。
yoshimikannon14.JPG
太子堂脇の石仏。
左より、阿弥陀如来、宝篋印塔、地蔵菩薩。
yoshimikannon13.JPG
本堂(観音堂)の裏の石垣に安置されていた石仏。
「天乃岩戸」までは読めるが以降は不明。
昔は、行基が聖観音像を岩窟に安置した岩窟寺院だったらしいので、それを表しているのかと思ったが、石仏の印は大日如来なんで違うようだ。
yoshimikannon15.JPG
本堂裏にあった鐘楼。
yoshimikannon16.JPG
本堂の中には、比較的新しそうな大黒様、その奥には左甚五郎作と言われる「野荒しの虎」の彫刻があった。
yoshimikannon17.JPG
本堂の木鼻の狛犬....ちょっとアブっぽいぞ.....
印象的だった千社札⇒yoshimikannon19.JPG
yoshimikannon18.JPG
阿弥陀如来の左側の銅鋳造の地蔵菩薩。1910年の作。
錠は折れたのだろうか。
型のパーティングラインや型構成が分かり易い。
坂上田村麻呂が奥州討伐の際、戦勝祈願し、堂を整え、その後は源範頼の庇護の元、大寺院として誇っていたようだが、戦国期の戦乱により堂宇は焼失し、その頃の遺構は残っていない。しかし江戸期の再興により、見所の多い寺となっている。

nice!(4) 
共通テーマ:旅行

岩窟ホテル(埼玉県比企郡) [B級&珍スポット]

岩室観音堂の脇の岩壁に幾つかの人工的な穴が開いており、場所によってはテラス風になっている。
岩窟ホテルと言われていたところだ。岩窟ホテルとは、明治から大正にかけて、近くの高橋峯吉氏が21年かけて掘った、野菜とかの貯蔵庫で、ホテルというのは、近所の人が「今日も掘ってる」が転じてホテルとなったものらしい。
gankutsu1.JPG
絵葉書等を見ると、昔はそれなりの外観だったようだが、いまでは崩落の危険からフェンスで閉鎖されており、完全な廃墟と化している。
gankutsu2.JPG
壁は白だったようだが、いまではその面影はなし。内部への入口も完全に閉鎖されている。昔は内部を公開していたが、一部崩落しており、危険な為に昭和63年に閉鎖したという。
gankutsu3.JPG
メンテや補修をすれば、味のあるスポットになったかもしれないが、廃墟化するのも味かも。

nice!(3) 
共通テーマ:旅行

岩室観音堂(埼玉県比企郡) [寺/神社]

吉見百穴の駐車場入口あたりにあるのが、岩室観音堂である。
iwamuro1.JPG
一見、3間1戸2階建の山門にしか見えないがこれが堂で、しかも建造物はこれしかないのだ。向って左側の岩を削り、そこに観音像を納めてある。その岩窟の周りに懸造りの堂を建てたのだが、正面を向いていないという非常に珍しい建築だ。
iwamuro2.JPG
堂の後ろは、切り通しとなっている。
後ろの山は松山城(武蔵松山城)で、なかり迫力のある堀切となっている。
松山城は関東の覇権を巡って、北条、上杉、武田家が争奪し合った、要所となる城である。1560年代からは北条氏の支配下にあったが、1590年の豊臣秀吉の関東攻略の際、前田利家、上杉景勝の軍に攻撃され落城した。
今日は時間の問題から城探索は断念したが、いづれはじっくりと探索したい。
iwamuro3.JPG
堂の一階岩窟部。
iwamuro4.JPG
堂の右脇に岩道があり、石仏が安置されていた。
この石仏は、四国八十八ヶ所の本尊を模して造られたもので、ミニ八十八ヶ所霊場となっているのだ。
iwamuro5.JPG
堂の二階岩窟部。
ここに観音様が安置されている。
松山城落城の際、観音堂の堂宇は全焼したが、この観音様だけは無事であったという。
今の堂は、1660年代に再建されたものである。
iwamuro6.JPG
小壁部に斗組が整然と並んであり、ちょっと違和感を感じた。蟇股のふくろうがかわいい。
iwamuro7.JPG
胎内めぐりもあり。
潜ったあと、先の切り通しを下ってくるのだが、下がぬかるんでいて、滑らないように歩くのが大変だった。
iwamuro8.JPG
この角度で見ると懸造りに見える...かな。

nice!(4) 
共通テーマ:旅行

吉見百穴(埼玉県比企郡) [戦争遺跡]

やっとこさ花粉症が治まりはじめ、出不精な穴倉生活から脱出すべく、埼玉へ向った。車を動かすこと自体も久ぶりで、もしかしたらバッテリーがあがってんじゃねぇの?と心配したが、それは杞憂に終わってホッとした。
車を運転すること2時間半、目的地に到着した。
yoshimi1.JPG
吉見百穴である。
穴蔵から出てきて、穴を見に来る自分のセンスに酔いしれてみる(w
古墳時代後期の横穴式の墳墓郡で、この穴ボコな岩山のビジュアルがイカしまくり。
このビジュアルから、仮面ライダーやウルトラマンシリーズといった特撮のロケ地としても有名である。ショッカーの基地があったり、ハカイダーが死んだりと、特撮好きにはメッカかもしれない。
明治時代には、この穴にはコロボックルが住んでいたと、真剣に考えられていたという。
非常にファンタスティックだ。
yoshimi2.JPG
この岩山は、戦時中の中島飛行機の地下軍需工場の跡が残っている。所謂、疎開工場であり、遺跡を破壊してまで建設していたが、完成する前に終戦となってしまったようだ。
yoshimi4.JPG
地下軍需工場の詳細地図。
公開されているのはほんの一部である。
yoshimi3.JPG
公開されている部分は、かなり整備されている。
トンネルは4×4mの馬蹄形。
yoshimi5.JPG
壁に段々と掘られている箇所がいくつかある。
これが何なのかわからない。
yoshimi6.JPG
天井には金具が残っている。
yoshimi7.JPG
3つの入口の真中。
yoshimi8.JPG
売店裏の入口は、封鎖されて入れない。
崩落箇所はともかく、貯水槽や風呂場といった珍しい箇所を整備して公開して欲しい。
yoshimi9.JPG
最後に、桜と一緒に撮影。

nice!(5) 
共通テーマ:旅行

北の丸公園高射砲台跡(千代田区) [戦争遺跡]

北の丸公園から国立近代美術館の前の首都高を渡り、千鳥ヶ淵沿いの遊歩道を歩いてみる。
kitanomaru1.JPG
ちょっとした丘の中にコンクリが埋まっている。
これは、戦時中に作られた地下壕跡である。近衛師団の庁舎から美術館へと改修される頃は、まだ埋まっておらず、中が見れたとのこと。
kitanomaru2.JPG
入口は完全に埋まっているが、埋める必要があったのだろうか?そんなに危険な壕ではないと思うのだが...
kitanomaru3.JPG
西へ向うと、円筒状のコンクリの礎石が現れる。
高射砲台跡とのこと。
kitanomaru4.JPG
全部で7基。
上部に蓋?をしてベンチとして使われている。
1つ向こうにはおっさんが、さらに向こうにはカップルが座っていた。まさかこのベンチが高射砲の跡とは思ってもみないことだろう。
戦時中の、高射砲が火を放っていた時代が嘘のような空間となっている。
kitanomaru5.JPG
帝都防衛、特に皇居防衛に配備された高射砲であったが、高高度を跳ぶB29には全く届かず、外れた弾丸が落下して民家に被害を与えたという。
kitanomaru6.JPG
千鳥ヶ淵を挟んで首都高が走っているが、そんな喧騒なモノが目の前にあっても、静かな時を刻んでいる.....

nice!(5) 
共通テーマ:旅行